メニュー ホーム

相手を異性だと意識しすぎない

話題の出会いアプリを利用している人は、いくつかのパターンに区別できます。その中で「出会いアプリで成功した人、成功しなかった人」とで分けられるでしょう。スマホにアプリをダウンロードして恋人探しを始めてみたものの、恋人ができる気配すらなく、ついにはアプリを起ち上げる事さえしなくなってしまったという人はどれだけいるでしょうか。人気の出会いアプリでうまくいかなかった人は、「自分のどこがいけなかったのか」と落ち込むかもしれません。しかし自分自身の事というのは意外にも一番分かりにくいものです。自分一人であれこれ考えてもネガティブな思考に陥るだけで、解決策を導き出せる可能性は低いでしょう。

では反対に、出会いアプリで素敵な異性と出会えた人、出会いアプリで恋人を作るのに成功する人は何が良かったのでしょう。細やかな心情を綴ったメールのやり取り、もしくは相手を引きつける心の余裕などがあったのでしょうか。どちらも出会いアプリで成功する秘訣の一つではありますが、しかし失敗した人と決定的に異なるのは、異性に対する態度だと言えるのかもしれません。

「異性との出会いの場」と意識し、緊張していると、実際相手とのやり取りが始まった時に多少身構えてしまう人は多いでしょう。いつもどおり言葉を交わしているつもりでも、相手が異性であると強く意識してしまえば、その思考から抜け出せなくなってしまうものです。しかし、出会いアプリで成功する人は、相手が異性でも同性の友人と接する時とほとんど態度は変わりません。男性であれば男友達と接するように、女性であれば女友達と話す時のように、いつも通りの自然体、素のままの自分で相手と接しているはずです。

「いいな」と思う相手でも、異性であるという事を意識している相手の緊張感は、こちらにも伝わってくるものです。その一方、同性の友人といる時のような自然体の姿、あるいはメールの文面から現れる余裕などは、相手に自ずと安心感を与えるでしょう。出会いアプリではあまり身構えず、気楽に臨みましょう。頑張りすぎない事も恋愛の秘訣です。