メニュー ホーム

正直な恋愛

出会いアプリをやってみようと思う人ならば、出会う相手を探すために個人のプロフィールページをチェックする人が多いはずです。
そこに仲良くなれそうな異性のプロフィールはあるでしょうか。
そのプロフィールの中に、好きなタイプの異性の情報は記載されているでしょうか。

こんな人が好きと書いてあったり、こういう話を一緒に楽しめる人募集中と書いてあったり、プロフィールを見るだけでその人の個性は伝わってくるでしょう。
そこからコンタクトを取りたい異性を見つけ出し、実際にアプリの中でメールを送ってみようとすることもあるはずです。
その時はどんな内容のメールを送ることが多いのでしょう。
無意識のうちに、プロフィールで見た相手の好みに合わせた内容を送ってはいないでしょうか。

事前に分かっている相手の情報があった場合、それを元にして接触を図ろうとするのは作戦として間違っていません。
仲良くなりたいと思って近づいていく相手なので、できる限りプラスになるポイントを稼いでいきたいと考えるのは当然の流れでしょう。
しかし事前情報が頭の中を完全に占めてしまった場合には話も変わってきます。

例えば相手がアプリのプロフィール上に「家庭的な女性が好き」と書いていた男性だった場合、女性ユーザーは料理が得意で家事全般を昔からやっていると言い、家庭的に聞こえるような言動を多くするでしょう。

また、相手がスポーツ好きな男性が「好き」と書いていた女性だった場合、男性のアプリ利用者はスポーツのことを勉強して得意であることを誇示しようとするかもしれません。

実際に自分自身が相手の好みにマッチする特徴を持っているという場合もあるでしょう。
しかし中には全くできもしないのに、あたかも日常で行っている得意分野だと言って偽る人もいるのではないでしょうか。

メールのやり取りを始めたばかりの頃、話題作りとして確かにそれは盛り上がる内容になります。
ですが実際に外での出会いを相手が希望してくれた時、嘘がばれるようなことがあればその後の関係はどうなるでしょう。
少なくとも気まずい時間は流れます。
どんな場面でも嘘はいけません。

自分を無理やりつくろって勝ち得た恋愛は本物とは言えないのです。
ありのままに接していける出会いを求めましょう。
無理のある嘘は、いずれどこかでしわ寄せが来ます。