メニュー ホーム

自然体を目指す

好きな人ができた場合、その人に振り向いてもらうために努力する人がいます。
恋人との出会いがあったとき、その人とずっと隣同士でいられるように少しばかりの背伸びをしてみる人もいます。
人と人との出会いがあったとき、その後の展開にはいくつかのパターンがあります。
そのまますれ違うだけで終わるか、片方だけが相手に対する思いを募らせたまま終わるか、または反対にお互い結びついて深い関係を築いていくか、色々な未来が考えられるでしょう。
中には何もせずにただ見送ってしまうだけという寂しい結末もありますが、その相手に恋をしたのであればできる限りのことはやってみたいと思うのではないでしょうか。

男性は女性をデートに誘ったりプレゼント攻撃を仕掛けてみたり、女性は男性にお手製の料理やお菓子を振る舞ったり気の利いた言動を心掛けたりするかもしれません。
どれもこれも熱心に取り組みながら、振り向いてくれるのはいつだろうかと首を長くして待ち続けるでしょう。

そしてそんな相手に対する恋心が成就し、晴れて恋人同士となってみるとどうなるでしょうか。
付き合い始めると今度は気を遣うことが多くなってしまうかもしれません。
嫌われないように相手の顔色を窺い、相手の好みに合った物事を選ぶようになる場合もあるでしょう。

相手に尽くしたいという気持ちはとても尊いものであり、ひたむきな努力は恋人にとっても胸を打たれるものがあるでしょう。
しかし頑張りすぎてしまう中で、いつのまにか自分を押し殺していることはないでしょうか。
相手に尽くすのと自分を押し殺すのとでは訳が違います。
自分を前面に出しながらも、相手を気遣える関係が最も好ましい状態と言えるでしょう。

またこの他にも、出会いアプリの最中に自分を押し出さないパターンというものもあります。
アプリでするメールのやり取りは相手主導であることが常で、自分の好きな話題よりも相手が好きな話題について行けるよう頑張るかもしれません。
聞いてほしい話があっても相手の気が向いていないようなら後日にと思い留まり、結局は自分の話はできないままに終わってしまうかもしれません。

アプリとはいえ、気持ちの合致は必要です。
一方的に相手の都合のいいように扱われていては出会いアプリの意味がありません。
対等に向き合っていける関係を築くことを考えましょう。
現実での出会いのためにも、無理なく自然体でいなければなりません。