メニュー ホーム

見栄を張る

気になる女性ができたとすれば、男性としてはかっこいいと思ってもらいたくなるのが普通のことです。
人から褒められて嬉しいと思わない人は滅多にいませんが、褒めてくれた相手が気になる異性であれば他とは比べようもないくらい幸せな気分になれるでしょう。

そのため一部の男性の中には、気になる女性との出会いがあるとつい見栄を張ってしまうという人がいます。
どこかの時点で服装や身だしなみを褒められたことがあるなら、それ以降の装いには過剰なまでに気を遣うかもしれません。
行ったことのないようなお洒落な美容室に通いだすことや、買ったことのないような高いブランド品を身に着けることもあるでしょう。
またいつかカッコいいと褒めてもらいたいという気持ちから、外見を飾りたてるようになります。

また、趣味を褒められたりすごいと言ってもらえたりしたら、その物事に対する熱中度がいきなり跳ね上がることもあるかもしれません。
例えば、車が趣味という人がいて、たまたま気になる女性を乗せたとします。
いい車ですねとたった一言褒められただけで、車のメンテナンスに日々熱を入れ始める人もいるのではないでしょうか。
料理を振る舞っておいしいと言われれば腕を上げたくなり、仕事に取り組むときの真面目な姿勢が素敵だと評価されれば今まで以上に熱心に取り組むのです。

男性は女性から褒められることにより、活力源を得て頑張ろうとする傾向が見られます。
良い方向に努力しようとするのは間違ったことではありません。
褒め言葉がきっかけでランクアップするのは結果的に望ましいことでしょう。
しかし褒めてもらいたいという大前提があるが故に、その人の前でいい格好をしたいという思いが先走ってしまうのは危険です。

相手に良く思われたいとき、人は見栄を張ってしまう生き物です。
できもしないことを出来ると言ったり、限界を超えそうなくらい背伸びしてみたり、かえってみっともない姿をさらしかねません。
出会いアプリなど、顔の見えない相手であれば尚更でしょう。
アプリ越しだからこそ、見栄を張りやすい状況にもなります。

自慢どころか嘘にもなりかねない言動は、せっかくの出会いに悪影響を及ぼすでしょう。
恋愛とは素のままですることが一番です。
無理はしすぎず、ありのままの自分を見せられるように心がけましょう。